建設工事中の現場で行われている安全管理について

危険と隣り合わせだからこそ徹底されている安全管理の内容とは

建設現場で起きやすい事故

2020年に東京オリンピックが控えていることもあり、様々な場所で競技会場やホテル建設などの大規模な工事が着々と進んでいます。
一棟の建物を建てるにも多くの企業や人が携わり、様々な作業員や職人の手が入れられています。

そんな工事現場を混乱なく円滑に回すためには、全体の指揮をとる現場監督の存在が欠かせません。
現場監督の仕事は大きく4つに分けられ、この4つの管理項目を合わせて「施工管理」といいます。
施工管理の内容としては、大まかには以下の通りです。

・工程管理:計画を立て、工事の進捗状況を確認し、無駄を省いて生産性を高めることを目的とする。
・安全管理:現場の安全性を管理し、無事故での完成を目指す。
・原価管理:予算と実際にかかった金額を常に管理しておくことで、確実に利益を確保する。
・品質管理:依頼主や完成後の利用者が安心して利用できるように設計書通りに進行させる。

建物の建設の為には、これらはどれも欠かすことのできない重要な要素です。安全に正確に工程を踏み、期日内に高品質のものを完成させることが求められています。
特に安全管理は最重要事項と言われており、他の3つの管理項目も、工事の安全の上に成り立っているという事を忘れてはいけません。
工事現場は重機の出入りや高所での作業もあり、作業音も大きいため、注意を怠ると大きな事故にもつながりかねません。件数こそ昔より減少していますが、実際、ニュースを見ていると工事現場で亡くなった人の報道が流れてくることもしばしばです。
危険が多く潜む工事現場で徹底されている安全対策について見ていきましょう。

おすすめリンク

煙突改修の施工例

施工例を見れば、その内容と料金が一目瞭然です!煙突改修の参考にしてみてください!

建物完成のために欠かせないこと

無駄なく正確に工事を進める中で、最優先とすべきなのは安全に進めることです。 建設工事のスケジュールはなかなか予定通りには進まないもので、納期の焦り故に個人個人の注意が散漫になってしまうこともあるようです。 安全管理の内容を見ていく前に、起きやすい事故を知っておきましょう。